www.cantorblog.net

不動産の売却価格と手数料の関係

不動産の売却を行いますと、必ずと言って良いほどお金が発生します。
素人のマンション売却の不安
そのお金の1つに、仲介手数料があります。
例えば不動産の物件を売却した時、仲介会社に対しては手数料を支払わなければなりません。その手数料は、物件価格に左右されるケースが多いです。
その際の基準になる価格ですが、200万円と400万円です。もしも物件を200万円に満たない金額で売却をした場合は、手数料が5%だそうです。しかし200万円から400万円の幅での価格で売却した場合、仲介手数料は4%などの具合です。実際にはその4%に、さらに数万円が上乗せされることになりますが。さらに400万円を超えますと、またパーセンテージが変化するのです。
つまり不動産物件の売却をする時の仲介手数料は、物件の売却価格に左右される一面がある訳です。その際は、パーセンテージによって算出されている訳です。
なお業者によっては、別途それ以外の費用が発生するケースもあります。売却価格の手数料は、必ず内訳を確認しておいた方が良いと思います。
事前調査でリフォームローンの減税